デスクワーク用メガネを買う際の注意点

レンズカラーが濃すぎると物の見え方が変わってしまいます

デスクワーク用にPCメガネを購入する方々が増えてきました。PCメガネは文字通り、パソコン作業を長時間行う際に最適なタイプです。一般的なメガネとほぼデザインは一緒であり、ビジュアル的な大差はありません。PCメガネ最大の特徴は、そのレンズにあり、普通の物に比べて色が濃くなっています。 ブルーライトをカットするため、レンズに特殊な加工が施されており、その影響でレンズの色がサングラスのように少々濃くなっているのです。デスクワーク中の眼精疲労を軽減するのに役立ちますが、あまり濃いレンズの物を買うと、PCモニターに表示される画像や映像の色が普段と違って見えてしまい、ケアレスミスの原因になりかねません。デスクワーク用のメガネを買う際は、違和感が少ない色の見え方をするレンズカラーにしたいところです。

長時間使うなら度は若干弱めに

会社でデスクワークに従事している方の場合、PC用メガネをかなり長時間にわたり使い続ける事になるでしょう。メガネの度が高すぎると、長時間かけ続けるのが苦しくなります。眼精疲労を軽減するためには、普段利用しているメガネよりも若干低めの度で制作しなければなりません。デスクワークに従事する際、基本的に近距離だけ正しく把握出来れば大丈夫です。度が低い状態だと視力矯正の効果も低くなりますが、長時間の使用による眼精疲労を軽減出来るメリットが反対に得られますし、オフィスで使う分なら半径数メートルが正しくチェック出来れば十分です。デスクワーク用に制作するなら、モノトーン調のフレームデザインがお勧めです。ビジネスシーンに黒、白のPCメガネはマッチしやすく、悪い意味で職場で目立つ事を避けられます。